お問い合わせはこちら 082-247-4873
会員ログイン
現在ログイン中です

税務Q&A

税理士が、年度の税制改正内容や確定申告の留意点などをわかりやすく解説しています。
※記事内容の閲覧には、「会員ログイン」が必要です。
※記事は掲載時点の税制等に基づいています。

2020年度

2020年10月号掲載 低未利用土地の活用促進

 私は、令和2 年度税制改正により、個人が低未利用土地等を譲渡した場合の長期譲渡所得の特別控除が創設されたと聞きました。どのような制度か説明してください。

2020年9月号掲載 消費税のしくみとインボイス制度〈その3〉

 当社は消費税について課税売上高が毎期1000万円以下の免税事業者ですが、「適格請求書等保存方式」(以下「インボイス制度」という)が2023年(令和5年)10月1日から導入されるのを控え、今後も引き続き免税事業者であるべきか、税務署長に登録申請して適格請求書発行事業者(以下「登録事業者」という)となるべきか思案しています。導入される制度と登録事業者の概要について説明してください。

2020年8月号掲載 消費税のしくみとインボイス制度〈その2〉

 消費税については2023 年(令和5 年)10 月1 日から「適格請求書等保存方式」(以下「インボイス制度」という)が導入されるということですが、その制度についてわかりやすく説明してください。

2020年7月号掲載 消費税のしくみとインボイス制度〈その1〉

 消費税については、2023年(令和5年)10月1日から「適格請求書等保存方式」(以下「インボイス制度」という)が導入されるということですが、その制度についてわかりやすく説明してください。

2020年6月号掲載 令和2年度税制改正の基本的考え方とその概要

 今月号の付録として令和2年度税制改正による「新しい税金の知識」が配付されましたが、どのような改正がありましたか、その主なものの概要を教えてください。

2020年5月号掲載 賃貸規模の違いによる不動産所得の取扱い

 私は、所有している土地にこれから賃貸マンションを建築しようと考えています。賃貸不動産の収入は、その規模により所得税の計算方法などが異なると聞きましたが、どの様な違いがあるのでしょうか。

2020年4月号掲載 相続不動産の共有解消と税の取扱い

 私の両親は既に他界していますが、相続の際、相続人は私と妹の2人でした。その際、遺産分割の争いを避けるために相続財産である土地はどれも「ひとまず共有」としました。その後、私も高齢となり、このまま何も対処せず相続が続くと、先々、共有者が増えて問題を抱えるのではないかと不安です。共有状態を解消するための方法やその際の課税関係を教えてください。

2019年度

2020年3月号掲載 土砂災害特別警戒区域内にある宅地の評価

 先月、夫が死亡し、相続税の申告手続きのため、相続した宅地についての財産評価の検討を行ったところ、宅地の一部2か所(路線価地域と倍率地域各1か所)に土砂災害特別警戒区域に指定された区域が含まれていることが判明しました。この2か所の宅地を評価する際には、何か評価上考慮されるのでしょうか。

2020年2月号掲載 所得税の確定申告で誤りやすい事項(その2)

 所得税の確定申告の季節となりましたが、確定申告で誤りやすい事項を説明してください。特に私は親が亡くなって、相続してから初めて確定申告をしますので、その辺りをふまえた内容でお願いします。

2020年1月号掲載 所得税の確定申告で誤りやすい事項(その1)

 所得税の確定申告の季節となりましたが、確定申告で誤りやすい事項を説明してください。特に私は親が亡くなって、相続してから初めて確定申告をしますので、その辺りをふまえた内容でお願いします。

2019年12月号掲載 住宅取得等資金の贈与の特例適用と所得税の住宅借入金等特別控除の特例適用

 私は近々契約して、2020年(令和2年)中に新築の建売住宅(省エネ住宅)を取得し居住の用に供する予定です。新築に当たっては、4月になって父から1500万円の住宅取得等資金の贈与を受けるとともに銀行から2000万円の借入をする予定です。この場合、住宅取得等資金の贈与税の非課税の特例の適用と、所得税の住宅借入金等特別控除の対象となる住宅借入金等の金額はどうなるのでしょうか。なお、建物の取得代金は2500万円です。最近、この点などについて、新聞等で報道されて「2013年~17年に誤った計算をした人が全国で約3千人いて、該当者は修正申告と納税を行った。」と聞き及んでいます。

2019年11月号掲載 時代の要請による新税創設

 最近、時代の要請により新税が相次いで創設されたと耳にしました。どのようなことから、どのような内容の新税が創設されたのか教えてください。

2019年10月号掲載 災害対策のための設備投資と税制措置

 私は企業経営者ですが、地震や豪雨災害等の危機管理の一環として「自家発電機や排水ポンプを購入して設置する」ことや「データバックアップシステムの導入」を検討していますが、何か税制上、特別な措置は講じられますか。

2019年9月号掲載 被相続人の居住用財産(空き家)を売った時の特例について

 昨年亡くなった母が以前住んでいた空き家を相続しましたが、この度売却しようと考えています。かなり古い一戸建付宅地で、売却した時の譲渡所得税について何か特例はありますか。一人暮らしだった母は2年ほど前に実家から老人ホームに入所していましたが、実家はそのままで正月や法事等の際は母も帰り家族が集まって従来通り使用していました。

2019年8月号掲載 永年勤続者に対する旅行券の支給と給与課税

 私の会社では、長年にわたり、永年勤続者の慰労のため、勤続30年以上の従業員を対象にした在籍中1回限りの定年退職前の団体記念旅行を実施してきました。この度から、旅行対象従業員各人の仕事上の都合を合わせることの困難性や旅行先の要望の多様性に鑑み、旅行に招待することに代えて20万円相当のギフト旅行券を贈ることを考えています。このギフト旅行券の支給により受ける経済的利益については給与所得の課税対象になりますか。

2019年7月号掲載 日用品等のインターネットでの販売等と確定申告

 私はネットビジネスに興味を持ち、この度不要となった日用品をインターネットオークションで販売します。また、中古本などの商品を安く仕入れて、その仕入れ値よりも高く売る「せどり」ビジネスにも興味があります。 これらの場合において、私が受領する代金の税務上の取扱いはどのようになりますか。

2019年6月号掲載 原稿の謝礼支払と源泉徴収

 当社では、企画・開発の参考とするため、Aの大学教授であるB氏に原稿を依頼し、5万円の謝礼を支払いますが、この原稿料報酬に対する源泉徴収を行う必要はありますか。今の予定では参考資料として部内で使用する予定ですが、社内報に掲載することになった場合には源泉徴収の必要はどうですか。

2019年5月号掲載 美術品の納税猶予の特例の創設

 私は、個人で重要文化財に指定された美術工芸品を所有しています。この美術工芸品は家宝として先祖代々引き継いできて、子々孫々引き継いでいってほしいのですが、相続税のことを考えると寄贈するか、子の代で売却せざるを得ないかとも思い、憂鬱でした。
この度、美術工芸品の納税猶予の特例が創設されたと聞き及びましたが、どのような制度か説明してください。

2019年4月号掲載 遺産の未分割と相続税の特例

 父が半年前に亡くなり相続税の申告と納税が10か月以内に必要ですが、未だ遺産相続について母と私、姉妹4人の相続人間で調整がつかず、未分割状態で申告期限を迎えそうです。このように相続財産が分割されていないときに各特例の扱いはどのようになりますか。

一般財団法人ひろぎん経済研究所
〒730-0022 広島市中区銀山町3-1 ひろしまハイビル21 3階
082-247-4873
受付時間 9:00~17:00(平日)
082-242-8358
ひろしま銀行
お問い合わせ・ご相談はこちら お問い合わせ
新規ご入会はこちら 新規会員お申込み